[ 科学技術・大学 ]

東工大と長崎大、熱帯病の創薬候補を発見 スパコン活用し探索効率20倍

(2017/7/31 05:00)

  • スペルミジン合成酵素にヒット化合物が結合するイメージ(東工大提供)

東京工業大学の関嶋政和准教授と秋山泰教授、長崎大学の北潔教授らは、IT創薬と生化学実験を連携したスマート創薬手法を使い、熱帯病の原因酵素を特定するとともに、その酵素に阻害活性を持つ化合物を4個発見した。東工大のスーパーコンピューター「TSUBAME」(ツバメ)も活用し、従来手法に比べ20倍以上の効率で創薬候補を絞り込んだ。創薬コストの削減につながる。

創薬研究向けデータベース「iNTRODB」を使い、シャーガス病といった熱帯病の原因となる寄生原虫の創薬標的「スペルミジン合成酵素」を発見。

さらにツバメによる計算で、酵素の機能を阻害する480万の化合物候補から176個を選び出し、生化学的なアッセイ試験で候補化合物を4個見つけた。成果は英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

(2017/7/31 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン