[ オピニオン ]

産業春秋/祝日の由来

(2017/8/11 05:00)

4年ごとに行われる米国の大統領選挙は、11月の第1月曜日の翌日が投票日となっている。1845年に法律で決まったそうだ。

11月上旬としたのは、当時の国民の多くが農業に従事するキリスト教徒だったからだ。春から秋にかけての農繁期や、安息日である日曜日は投票にいけない。では「第1月曜日」で良いのでは。

当時は投票所の数が少なく、馬車で2日がかりで移動しなければならない人がたくさんいた。それなら「第1火曜日」はどうか。それだと11月1日になる可能性がある。この日はキリスト教徒にとって「諸聖人の日」という祝日で、日曜と同じく教会に行く日だ。結局、条件を満たす「第1月曜日の後の火曜日」となった。

昨年から8月11日は「山の日」という祝日になった。ただ日付設定は山にまつわる特別な由来はない。超党派の議員連盟は当初、お盆休みと連続させやすいとして8月12日とする案を決めた。

ところがこの日は、1985年の日本航空123便墜落事故と同じ日。これでは“御巣鷹山の日”になるという意見が出て、変更された。月曜日に設定して3連休化する「ハッピーマンデー」化の声も挙がっているそうだが、12日を避ける手段がない限り難しいだろう。

(2017/8/11 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン