[ 医療・健康・食品 ]

日清食品、カップ麺などシニア向けに小容量化

(2017/8/29 05:00)

  • 「お椀で食べるカップヌードル 3食パック」(左)と「お椀で食べるチキンラーメン 3食パック」

日清食品(東京都新宿区、安藤徳隆社長、03・3205・5111)は高齢化の進行をにらみ、シニア市場の開拓を加速する。主力2ブランドの「カップヌードル」「チキンラーメン」で、高齢者向けに量を減らした3食パック商品を9月11日に発売する。丼ではなく、おわんに入るサイズをコンセプトとし、熱湯を注ぐだけで簡単調理できる特徴をアピール。2ブランドとも高齢者に知名度が高い強みを生かして、新需要を掘り起こす。

日清食品にとって、シニア向け商品は2016年発売した、ふかひれスープ味などの「カップヌードルリッチシリーズ」に続く、第2弾。今回の新商品は“お椀で食べる”カップヌードルやチキンラーメンのコンセプトのもと、1食の量を約30グラムに減らした。子どもが成人し、単身や2人暮らしの高齢者が多い実情を踏まえ、全体のサイズも一般ファミリー向けの5食パックでなく、3食パックにした。その分、価格が下がり、消費税抜きで230円となり、年金生活の高齢者が買いやすくなる。

カップヌードルは17年で発売46年、チキンラーメンは59年になる。子どもの頃から味を覚えて育っているのが強みで「60代はテレビ宣伝しなくとも、カップヌードルを選んで食べてくれる」(安藤社長)ありがたい存在だ。高齢者向けに市場深耕する必要があると判断した。

16年発売のリッチヌードルは舌の肥えた高齢者向けに開発、実売価格が一般カップヌードルより約50円高いが「売り上げは好調」(同)という。女性向けの低カロリー商品も発売している。

(2017/8/29 05:00)

建設・エネルギー・生活1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる