[ 機械 ]

木幡計器製作所、アナログ式圧力計 安価にIoT化

(2017/8/30 05:00)

  • 後付け型アナログ計器をIoT化する装置

木幡計器製作所(大阪市大正区、木幡巌社長、06・6552・0545)は、既存のアナログ式圧力計を簡単にネットワーク化してIoT(モノのインターネット)の手法を導入できる装置を開発した。磁気センサーと無線通信装置を使って構築する。設備の老朽化や保全人材の不足が進む中、既存の計器に装着するだけで安価に省人化し、IoT化できる。まずは自社計器に組み込み、2018年4月の製品化を目指す。

木幡計器製作所はIoT化の装置の後付けや、他社製計器への対応も進める。ポンプやボイラなどを備える各種施設や生産現場など、提案する対象は広いと見ている。現時点の販売価格は組み込み型は1個当たり5万円、後付け型は2万―3万円を想定するが、低価格化やリースといった拡販を検討していく。

装置は内側中央に磁気センサーや回路などを配置した凸型アクリル樹脂製計器カバー、無線通信ボックスとデータを管理するソフトで構成。既存の計器カバーを凸型カバーに代え、針に磁石を装着し、無線通信部を計器上部に装着する。針の動きを磁界の変化で捉え数値化する。データは無線通信ボックスを通じ、クラウドサーバーに一定間隔で送りパソコンで管理する。

数値の精度は目視と同程度。電源はボタン電池、カバーとボックスは近距離無線通信規格「ブルートゥース」で結んだ。計器は直径60ミリ―100ミリメートルで3種類に対応する。

同装置は16年10月に情報処理推進機構(IPA)の「先進的IoTプロジェクト支援事業」に採択され開発した。木幡計器製作所はこの装置をテコに、売上高を16年11月期の約1億5000万円から、21年11月期に2億5000万円へ引き上げを狙う。

(2017/8/30 05:00)

機械・航空機 2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる