[ 科学技術・大学 ]

アストロスケール、超小型の微小宇宙ゴミ計測衛星 12月にも打ち上げ

(2017/9/21 05:00)

  • 微小な宇宙ゴミを計測する超小型衛星「IDEA OSG1」

宇宙ベンチャーでシンガポールを拠点とするアストロスケールは20日、地球付近に漂う小さな宇宙ゴミを計測する超小型衛星「IDEA OSG1」の機体を公開した。同衛星は0・1ミリ―10ミリメートルの宇宙ゴミを地球の高度600キロ―800キロメートルの楕円(だえん)軌道上で計測。微小な宇宙ゴミの分布や量のモデルを作り、宇宙機の防護設計や衝突被害の最小化に役立てる。ロシアのロケット「ソユーズ」で12月にも打ち上げる。

衛星は質量25キログラムで、大きさは38センチ×38センチ×60センチメートル。フィルム貫通型の微小センサーを搭載し、宇宙ゴミの衝突をほぼリアルタイムで検知する。標的となる微小な宇宙ゴミを衛星でとらえられる確率は年間数個程度。約2年間運用する。衛星の開発コストは数億円程度とみられる。

岡田光信最高経営責任者(CEO)は、「微小な宇宙ゴミに関するデータを欲しいという要請は多方面からある。現在は軌道上に多くの宇宙ゴミがあり、衛星を持つ企業や宇宙機関が自分の衛星を守ることが必要になる。宇宙ゴミ除去はビジネスとして成り立つだろう」と事業の意義を強調した。

(2017/9/21 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン