[ オピニオン ]

社説/米トイザラス破綻−ネット通販に対抗し得る戦略示せ

(2017/9/27 05:00)

米玩具販売大手のトイザラスの経営破綻は、インターネット通販によって実店舗が浸食されることを象徴する出来事だ。日本の流通業界は“対岸の火事”と捉えず、明日は我が身だと考え、新たな戦略を示したい。

トイザラスは1990年代初期の日本進出の際に、米政府を通じて日本の大規模小売店舗法(大店法)を改正させ、廃止に追い込んだとされる企業。大店法は「日本の小売業者を守ってきた」「実は弱体化させただけ」ともいわれるが、廃止により流通業界は自由競争の荒波にさらされた。

その同社が経営破綻に追い込まれた最大の理由は、アマゾン・ドット・コムをはじめとするネット通販の台頭である。ここ数年でアマゾンは急成長し、今年、世界の小売業ランキングで初めてトップ10入りした。

米国では家電量販店やスーパー、ショッピングモールなど実店舗の苦境が伝えられている。日本でも同様の動きが起きており、実店舗を持つ流通業の苦境はさらに進む可能性は高い。

とはいえ、国内流通業の危機感は希薄に感じる。スーパーの経営者に話を聞くと「赤字店舗を閉められない」という話を耳にする。「まだまだ売り上げが見込めるから」というのがその理由だ。

ネット通販の脅威は分かっていても、「まだ当分先のこと」「もう少したってからでも遅くない」と対応を先延ばししている経営者は少なくない。ただ、手をこまねいていては足をすくわれる可能性もある。

ネット通販の強みは、無店舗販売による低コスト化が可能な点だ。「実店舗より安く、自宅まで運んでくれる」点に魅力を感じて利用する消費者は急増している。今後もジワジワと実店舗を侵食していくことは間違いないだろう。

ネット通販に対抗してネット事業を始めた実店舗も多いが、それだけではコスト面で無店舗販売にはかなわない。モノから“コト”へと戦いの土俵を別の場所に移したり、思い切った経営改革に乗り出すなど、さまざまな創意工夫が必要だ。

(2017/9/27 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる