[ 科学技術・大学 ]

ノーベル賞/生理学医学賞に米3氏 体内時計のメカニズム発見

(2017/10/3 05:00)

  • (左から)米ブランダイス大のジェフリー・ホール名誉教授、マイケル・ロスバッシュ教授、ロックフェラー大のマイケル・ヤング教授(EPA=時事)

スウェーデンのカロリンスカ医科大学(ストックホルム)は2日、2017年のノーベル生理学医学賞を米メイン大学のジェフリー・ホール名誉教授(72)と米ブランダイス大学のマイケル・ロスバッシュ教授(73)、米ロックフェラー大学のマイケル・ヤング教授(68)の3氏に贈ると発表した。受賞理由は「概日リズムの制御の分子メカニズムの発見」。研究が進めば睡眠障害やうつ病などの治療に貢献する可能性がある。

授賞式は12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれる。賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)を3氏で分ける。

概日リズムは、24時間を周期とするいわゆる“体内時計”のこと。体内時計は睡眠のパターンや行動、ホルモンの放出、血圧、体温などを調節する。体内時計に異常をきたすと、睡眠障害などを引き起こす可能性がある。

3氏は生体の体内時計を調べ、これらの原理が人間を含む他の多細胞生物と共通する仕組みであることを明らかにした。具体的には、突然変異を起こしたショウジョウバエを利用。体内リズムを制御する遺伝子を見つけだし、この遺伝子の働きを抑えると体内時計が機能しなくなることを証明した。

体内時計にくわしい早稲田大学の柴田重信教授は「生体のリズム研究は、これから健康への影響を調べる臨床研究が本格化するところ。ノーベル賞を契機に、生体リズム研究を活性化させたい」と話している。

(2017/10/3 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる