[ 科学技術・大学 ]

日本人特有遺伝子、変異が薬効に関与−同志社女子大など発見

(2017/10/5 05:00)

同志社女子大学大学院薬学研究科の前川京子教授と量子科学技術研究開発機構の安達基泰上席研究員は、日本人特有の遺伝子の変異により、薬剤の効きやすさに重要なたんぱく質「代謝酵素」の立体構造を変異させることを発見した。変異型酵素を持つ人に対応した薬剤や、副作用を抑えた薬剤の開発が期待される。

薬は小腸で吸収されると、肝臓の代謝酵素の働きで「活性型」になり、組織内で血圧や血糖が下がるなどの薬効を発揮する。次に再び肝臓で代謝を受けて無毒化し、排出される。

研究チームは、薬物代謝の個人差を調べるため、高血圧治療薬の一種「ロサルタン」が効かない6%の日本人に見られる遺伝子の変異型に注目。具体的には、代謝酵素の一種で、薬剤の15%の代謝に関与する「CYP2C9」に表れる変異を調べた。この酵素は血圧を下げる薬剤などを代謝する。

X線で正常なCYP2C9とその変異型の立体構造を解析すると、3カ所の薬剤...

(残り:175文字/本文:575文字)

(2017/10/5 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録 することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン