[ オピニオン ]

産業春秋/政治の季節

(2017/10/16 05:00)

日本と中国がともに政治の季節を迎えている。日本は22日投開票の総選挙に向け、選挙カーが慌ただしく走り回る。中国は5年に1度の最重要会議、第19回共産党大会が18日に開幕する。

党大会では、最高指導部である政治局常務委員7人の人事が話題を集める。習近平総書記と李克強首相は留任が固まり、残り5人の人選が焦点だ。この中から2022年の次期党大会で決まる“ポスト習近平”候補が登場する見通しだ。

民主国家ではない中国では、どのような顔ぶれになるかは闇の中に包まれている。人選の過程を、同じ秘密主義であるローマ法王を決める選挙「コンクラーベ」に例える人もいる。

富士通総研主席研究員の柯隆(かりゅう)さんは「法王の選挙より、日本の社長人事に似ている」と指摘する。法王は本人が死去してから決めるため、本人に後継者指名権はない。だが社長人事は会長や相談役ら社長経験者の発言権が強いという。中国でも胡錦濤前総書記や江沢民元総書記の意向が意外に無視できないそうだ。

もっとも、日本の総選挙は民主的に決まる。柯さんはこうも語る。「独裁国家は指導者の資質が問われる。民主国家は国民の資質が問われる」。有権者は緊張感を持って投票に臨みたい。

(2017/10/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる