[ 科学技術・大学 ]

退屈な会議、なぜ眠くなる? 筑波大がメカニズム解明

(2017/11/1 05:00)

  • 特定波長の光に反応して側坐核のニューロンの活動を人為的にオン・オフできる、チャネルロドプシンを組み込んだマウスを用いた実験。チャネルロドプシンをもつマウスに光を照射すると、側坐核が興奮して睡眠量が増加する(筑波大提供)

退屈な会議でついつい眠くなってしまうのはなぜか―。誰もが経験する通常の生理的な欲求とは異なる眠気の起きる仕組みについて、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の大石陽研究員らがマウスの実験で明らかにした。やる気に関わる脳部位に存在する特定のニューロン(神経細胞)を選んで活性化すると、睡眠が強く誘発されていた。逆に抑制すれば、睡眠量が減少することが分かった。

脳内物質の「アデノシン」は通常、睡眠作用を持つが、その受容体を阻害すると覚醒状態になる。研究チームは、モチベーションと関連する脳部位「側坐核」にアデノシンの受容体が多く存在することに注目。アデノシンの受容体を発現するニューロンを活性化したところ、強力に睡眠が誘発された。

一方、このニューロンの活動を抑制すると睡眠量が大きく減少するのを確認した。

さらにこのマウスを長時間覚醒させても、側坐核のニューロンの活動に変化はなかったが、好物のチョコレートやオモチャなど、モチベーションが高くなるものを与えた結果、このニューロンの活動は低下し、睡眠量が減少した。

このニューロンが通常はどのように活性化されて睡眠を誘導するかは不明だが、研究が進めばより安全な睡眠障害治療薬の開発につながる可能性がある。

(2017/11/1 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる