科学技術・大学 ニュース

(2017/11/1 05:00)

フィルム型ペロブスカイト太陽電池、エネ変換効率18%達成−桐蔭横浜大

桐蔭横浜大学医用工学部の宮坂力特任教授らは、薄いフィルム型にした「ペロブスカイト太陽電池」のエネルギー変換効率で18%を達成した。フィルム型では世界最高性能だという。厚さ約126マイクロメートル(マイクロは100万分の1)で、折り曲げても高い変換効率と安定性を維持する。安価かつ軽...

負の電荷持つ水素イオン、京大が2性質発見 新磁気・電子材開発へ

京都大学大学院工学研究科の山本隆文助教と陰山洋教授らは、負の電荷を持つ水素イオン(ヒドリド)の基本的な性質を二つ発見した。 ヒドリドを含む層状酸化物に圧力を加...

続きを読む

拓く研究人(177)東京工業大学地球生命研究所・兵頭龍樹氏(29歳)

火星衛星の成り立ち研究 米航空宇宙局(NASA)や中国が火星への探査計画を検討中だ。一方で日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、火星の衛星からサンプルを採...

続きを読む

退屈な会議、なぜ眠くなる? 筑波大がメカニズム解明

退屈な会議でついつい眠くなってしまうのはなぜか―。誰もが経験する通常の生理的な欲求とは異なる眠気の起きる仕組みについて、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の大石...

続きを読む

植物の発生・形成に重要な細胞内構造、名大が解明

【名古屋】名古屋大学大学院理学研究科の五島剛太教授らは、植物の発生や形態形成に重要な役割を果たす細胞内の高分子化合物の構造を突き止めた。コケ植物の幹細胞や種子植...

続きを読む

防災科研、陸海の地震・津波観測網 16日から統合運用

防災科学技術研究所は31日、日本全国を網羅する陸や海に設置した地震や津波、火山の観測網の統合運用を16日から始めると発表した。愛称は「MOWLAS」(モウラス)...

続きを読む

産総研、多孔質材料の合成法開発

産業技術総合研究所無機機能材料研究部門の木村辰雄研究グループ長は、親水性が高く孔径が2ナノ―100ナノメートル(ナノは10億分の1)で制御できる多孔質材料の合成...

続きを読む

科学技術・大学ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン