[ ICT ]

PFN、深層学習の学習速度で世界最速実現

(2017/11/11 05:00)

  • 「ImageNet(イメージネット)」を利用した学習速度の比較(PFN提供)

プリファード・ネットワークス(PFN、東京都千代田区、西川徹社長)は10日、ディープラーニング(深層学習)の学習速度で世界最速を実現したと発表した。

学習アルゴリズムと、民間企業として国内最大級の並列コンピューター「MN-1」の並列化性能をそれぞれ改善。画像認識で広く使われている世界最大級の画像データベース「イメージネット」の画像分類データセットの学習を15分で完了した。同じ条件でこれまで研究報告された最速の学習事例は31分かかっていた。

この研究では、PFNが中心となって開発・提供するオープンソースの深層学習フレームワーク(プラットフォーム)「Chainer(チェイナー)」に、マルチノードの分散学習機能を追加した「チェイナーMN」を使用。

米エヌビディア製のデータセンター用GPU(画像処理プロセッサー)「テスラP100」を1024基使用し、9月に稼働した「MN-1」で学習を行った。同コンピューターは4.7ペタフロップス(ペタフロップスは1秒間に浮動小数点演算を1000兆回実行できる演算能力)の理論ピーク性能を持つ。

同社は今回の成果をもとに、大規模な深層学習を必要とする自動運転などの交通システム、製造業、それにがん診断などバイオ・ヘルスケア分野での研究開発をいっそう加速していくとしている。

(2017/11/11 05:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン