[ 科学技術・大学 ]

マラリア重症化メカニズム、阪大が解明 赤血球が免疫反応抑制

(2017/11/30 05:00)

大阪大学微生物病研究所免疫学フロンティア研究センターの齋藤史路特任研究員と平安恒幸特任助教、荒瀬尚教授らは、世界三大感染症の一つであるマラリアの重症化メカニズムを解明した。病原体のマラリア原虫に感染した赤血球が、免疫反応を抑制してしまうことが分かった。この仕組みを阻害することで、マラリアのワクチンや治療薬の開発前進につながる。

同じ患者が何度もマラリアにかかってしまう事例に着目、マラリア原虫が免疫反応から逃れる仕組みの存在を想定した。そこで感染赤血球上に発現するマラリア原虫由来たんぱく質の免疫応答への関与を調べた。

解析の結果、免疫細胞の活性化を抑制する受容体「LILRB1」にマラリア原虫のたんぱく質「リフィン」が結合。抗体を産生するB細胞や感染赤血球を攻撃するナチュラルキラー細胞の活動を抑えることを明らかにした。

重症化した患者は重症化しなかった患者に比べ、LILRB1と結合するリ...

(残り:43文字/本文:443文字)

(2017/11/30 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録 することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン