[ エレクトロニクス ]

村田製とTDKが激突 スマホ用電池シェアの行方

(2017/12/1 05:00)

村田製作所とTDKが、スマートフォン向けリチウムイオン二次電池市場でしのぎを削っている。村田製作所は2―3年以内に500億円規模の設備投資に踏み切る。一方、先行するTDKは生産能力を年15%ずつ増強するほか、次世代のL字型電池を開発する。これまで電子部品事業で競い合ってきた両社だが、スマホの中核部品である電池という戦場でも激突する。(渡辺光太、京都・園尾雅之)

村田製、設備投資に500億円

村田製作所がソニーのリチウムイオン二次電池事業を買収して3カ月。30日に開いた投資家向け説明会では「今後は(北米の顧客などが)要求する数量に応えられるかどうかだ」(中島規巨取締役専務執行役員)と、品質面の課題をクリアしたことを明かした。

現在の世界シェアは5位で、2017年度の営業損益は50億円の赤字を見込む。楽観視できない...

(残り:1,259文字/本文:1,659文字)

(2017/12/1 05:00)

PR

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン