[ ロボット ]

GX、“心満たす”ロボ開発で最大64億円調達 革新機構など出資

(2017/12/5 05:00)

  • 会見する林社長(中央)

GROOVE X(GX、東京都中央区、林要社長、03・6328・0757)は4日、スパークス・グループが運営する未来創世ファンドと産業革新機構から最大64億円を第三者割当増資で調達すると発表した。資金はGXが2019年の発売を目指す新世代家庭用ロボットの開発資金などに活用する。GXの調達額は累計80億円になる。出資受け入れに伴い、11月29日付で非常勤社外取締役を両社から1人ずつ受け入れた。

GXが開発するのは心を満たすことが目的のロボット。ラブとロボットを融合する「ラボット」をコンセプトネームにしている。製品発表は18年末の予定で、調達した資金は開発のほか、製品発表やマーケティング費用に利用する。

4日にGX本社で開いた会見で、革新機構の土田誠行専務は「GXは心の分野で役立つロボットの実現を目指している。ユニークな分野で民間が出資するのが難しい」と出資理由を述べた。

GXは、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」の開発責任者を務めた林要社長が15年に立ち上げたロボット開発ベンチャー企業。

(2017/12/5 05:00)

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる