[ 科学技術・大学 ]

沖縄・先島諸島、600年間隔で巨大津波発生−静岡大などが確認

(2017/12/6 05:00)

  • 津波堆積物と地割れの痕跡(静岡大北村教授提供)

静岡大学の安藤雅孝客員教授、北村晃寿教授らと琉球大学、東京大学、産業技術総合研究所などは、沖縄県の先島諸島で、1771年の「八重山地震」に伴う巨大津波と同規模の津波が、過去2000年間に約600年間隔で4回発生していたことを示した。

津波で海底や浜辺から陸上に運ばれた「砂質津波堆積物」の分布を決定できる場所を先島諸島で初めて見つけ調査。プレート境界面での地震発生メカニズムの解明、また有効な防災対策につなげられる。

砂質津波堆積物の分布から、津波が内陸のどの地点まで来たかを示す遡上(そじょう)高が分かる。研究グループは、津波堆積物の年代を特定し、最大遡上高30メートルの八重山津波と同規模の津波が繰り返し発生したことを確認した。

また、八重山地震が激しい地震動を伴う「巨大地震」だった可能性を示した。調査用溝内で、地震動による地割れの痕跡を多く発見した。これまでは津波の大きさに比べ地震動の小さい「津波地震」とされてきた。

先島諸島周辺の琉球海溝南西部は、プレートが強く固着した南海トラフなどと違い、蓄積したひずみは大地震を伴わずゆっくりとしたすべりなどで解放されると考えられている。静岡大の北村教授は「今回、固着が弱いプレート境界でも巨大地震が起こることが示された意義は大きい」と話している。

(2017/12/6 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン