[ 科学技術・大学 ]

複数細胞の立体組織造形、阪大・富山大がバイオ3Dプリンターで成功

(2017/12/14 05:00)

  • 生存細胞を含むインクを蓄積し、1円玉(左)より厚い立体の造形に成功(阪大提供)

大阪大学大学院基礎工学研究科の境慎司教授と田谷正仁教授、富山大学理工学研究部の中村真人教授らは、インクジェット式のバイオ3Dプリンターで、複数の異なる細胞を含んだ3次元構造物の造形に成功した。液滴の積み重ねで生存した細胞を含むゼリー状の立体構造を実現。iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)などから分化誘導した細胞を使い、再生医療用の組織や臓器の体外での構築実現につながる。

研究グループは、西洋わさびに含む酵素「ペルオキシダーゼ」を、ゼラチンやヒアルロン酸など、再生医療で有用な材料に添加。特定の官能基同士をつなげる酵素作用により、瞬時にゼリー状に固まるインクを開発した。

インクに細胞を分散させ、直径0・05ミリメートルの液滴を酵素反応で固めながら1滴ずつ積み重ねて造形。大半の細胞が生存した立体構造物を作れた。インク内での細胞の増殖も確認できた。

複数のカートリッジに別の種類の細胞を含むインクを充填し、複雑な構造も再現可能。1細胞レベルで位置を制御して造形できる。

(2017/12/14 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン