[ 政治・経済 ]

【電子版】国防総省がUFO調査 12年まで極秘実施―米紙報道

(2017/12/18 13:30)

予算25億円、映像・音声情報を分析

 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)などは16日、国防総省が2007年に未確認飛行物体(UFO)の目撃情報を調べる「先進航空宇宙脅威識別計画」を秘密裏に始動させていたと報じた。軍パイロットなどから寄せられるUFO情報の分析に当たったという。

 計画はハリー・リード前上院議員(民主)が主導し、約2200万ドル(25億円前後)の予算を投入。リード氏の友人が経営する宇宙調査企業と協力し、UFOと疑われる映像や音声などを収集、分析していた。調査対象には、海軍戦闘機が04年にカリフォルニア州沖で追跡した楕円(だえん)状物体などが含まれていた。

  • 計画の存在を確認した米国防総省

 計画そのものは12年に終了したが、その後も情報当局者のルイス・エリゾンド氏らが本業の傍ら調査を続けた。今年10月に国防総省を退官した同氏によれば、現在も後任者が調査を引き継いでいる。

 国防総省は最近、計画の存在を確認。同省報道官は12年の計画終了に関し、タイムズ紙に「予算上の優先順位の問題」と説明した。米国は過去にもUFOを調査。空軍は1947~69年にUFOとされる1万2000件以上の目撃情報を調べている。

(2017/12/18 13:30)

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる