[ オピニオン ]

社説/水素基本戦略を策定−低コスト化の道筋示し需要を増やせ

(2017/12/19 05:00)

政府は年内にも水素社会実現に向けた官民共有ビジョン「水素基本戦略」をまとめる。1次エネルギーの大半を海外の化石燃料に依存する日本にとって、水素はエネルギー安全保障の確保と温室効果ガス排出削減を両立する有力な資源だ。産業界の技術革新を促し、水素利用で世界をリードしたい。

基本戦略は、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」を踏まえ、2050年までの水素利用の方向性を描くものだ。

企業や家庭での水素利用を増やすには、調達、供給コストの低減が欠かせない。一方で川崎重工業や千代田化工建設などは製造、貯蔵・輸送などの技術開発を進めている。こうした上流開発を加速し、コストを低減するには、需要拡大への道筋を示すことが重要である。

鍵を握るのが燃料電池自動車(FCV)と水素発電だろう。自動車メーカー、金融機関など11社が先週、水素ステーションの本格整備を目的とした新会社の設立に合意した。ぜひFCV普及に貢献してもらいたい。

次世代自動車の潮流は電気自動車(EV)に傾きつつあるが、欧米や中国、韓国などもFCV普及政策を維持する。世界を見渡せばFCV向けにまとまった水素需要が期待できよう。

水素を大量消費する電力分野では、川重や大林組などが神戸市の人工島ポートアイランドに建設していた水素発電設備を完成させた。水素ガスタービンで発生した電気を市街地に供給する世界初の実証試験を18年2月に始める。

基本戦略では、水素発電コストを液化天然ガス(LNG)火力発電並みに引き下げるため、水素調達量や発電容量などを明記する見通しだ。水素の製造、輸送、利用などサプライチェーン全体の技術開発に向けた投資意欲を引き出すためにも、定量的な目標を示す意義は大きい。

また、水素利活用の先進的取り組みを国内外にも強く発信したい。20年の東京五輪・パラリンピックは絶好の機会だ。まずはここに向けて官民一丸となって実行計画を固め、水素社会の一端を見せてほしい。

(2017/12/19 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる