[ 科学技術・大学 ]

理研、シリコン利用し「量子ビット演算精度」99.93%を達成

(2017/12/19 05:00)

  • 制御電圧信号を電極に加え、電子スピンを操作(理研提供)

理化学研究所の樽茶(たるちゃ)清悟グループディレクター(東京大学教授を兼務)らは、半導体技術として確立しているシリコンを利用し、高性能の量子コンピューター要素技術を開発した。電子の自転(スピン)を使い、量子情報の最小単位「量子ビット」を表す素子を開発。素子の性能を示す「量子ビット演算精度」で99・93%を達成した。次世代コンピューター候補として注目される量子コンピューターの開発の進展が期待される。

既存の集積回路技術を利用することで、製造コストを従来とほぼ同等にできるとみられる。産業技術総合研究所や民間と共同で研究開発を進める考えだ。磁気的な雑音が少ないシリコン基板を用いた量子ドット素子と、小型磁石を用いて電子スピンを高速で制御する手法を利用。従来の量子ビットに比べ、100倍の演算速度と10倍の情報保持時間を同時に達成した。

さらに演算時に起きる誤りを減らし、誤りの修正にかかるコンピューターの負担を減らせることを示した。

すでに米グーグルや米IBMが超電導を利用した量子ビットで演算精度99・9%を達成している。

だが情報の保持時間が短く、光インターフェースが困難といった課題がある。

東大や東京工業大学などとの共同研究。成果は19日、国際科学誌ネイチャー・ナノテクノロジー電子版に掲載される。

(2017/12/19 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる