[ 科学技術・大学 ]

脳の神経信号でβ細胞増、糖尿病根治に期待−東北大が発見

(2017/12/19 05:00)

東北大学大学院医学系研究科の今井淳太講師らは、脳からの神経信号がインスリンを作る膵臓(すいぞう)の細胞「β細胞」を増やしていることを明らかにした。マウスの実験で明らかにした。電気刺激などで信号を活性化させ、β細胞を増やすことができれば、糖尿病の根本的治療へ応用が期待される。成果は英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に掲載された。

血糖の調節は、糖を貯蔵する肝臓から内蔵の神経を介して脳へ信号が伝わり、全身をめぐる神経「迷走神経」から膵臓へという順序で信号伝達によってもたらされる。

研究グループは、膵臓のβ細胞の増加を活性化する物質として、迷走神経が分泌する神経伝達物質「アセチルコリン」「PACAP」などを同定した。

マウスの膵臓細胞に、これらの神経伝達物質を直接作用させると、無処理ではほとんど増えないβ細胞が、2日間で5、6倍に増えた。また食事が過量になると、体重が増え始める前に信号伝達経路が活性化。β細胞を増やして血糖上昇を防いでいた。

今井講師は、「糖尿病の治療に膵臓移植が行われることがある。移植用の膵臓に神経伝達物質を作用させて、機能を上げることが可能になるかもしれない」と期待を述べた。

(2017/12/19 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン