[ 科学技術・大学 ]

空間計測点10倍超、防衛大がレーザーセンサー技術開発(動画あり)

(2018/1/11 05:00)

  • ポールの先にセンサーを付けて空間を測量する

防衛大学校情報工学科の滝田好宏教授らは、空間計測用のレーザーセンサーの計測点を10倍以上に増やす技術を開発した。レーザーセンサーはレーザーを回転させながら距離を測る。レーザーセンサー本体を揺り動かして、センサーの角度と揺動の角度をずらして実質的に計測点を増やす。広い空間を計測すると計測点がまばらになる課題を解決する。土木測量に提案する。

レーザーセンサーは複数本のレーザーを角度を付けて照射し、回転させることで周辺の空間を計測する。16本のレーザーを角度2度の間隔で照射すると照射角30度の範囲を計測できる。だが半径100メートルの空間を計測する場合、レーザーの隙間は約3・5メートル開いてしまう。

滝田教授らの開発した技術は、レーザーの回転周期とレーザーセンサー本体の揺動の周期をずらして、従来は隙間になっていた空間にレーザーを照射する。

回転周期のずれをソフトウエアで補正して三次元化する。1点当たりの計測間隔はまばらになるが計測点を増やせるため、データが緻密になり精度の高い三次元モデルが得られる。

ポールの先にレーザーセンサーをつけて空間を測量する用途に提案する。機構と補正処理が単純なため安価にシステム構成できるという。レーザーセンサーは高価だったが自動車への搭載増で価格が下がり、さまざまな産業分野への普及が期待されている。

(2018/1/11 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン