[ 科学技術・大学 ]

情通機構が新暗号方式 量子コンピューターでも解読困難

(2018/1/12 05:00)

  • 藤崎・岡本変換によって汎用性を持たせた格子暗号(情報通信研究機構提供)

情報通信研究機構は11日、量子コンピューター時代に向けた新しい暗号方式を開発したと発表した。量子コンピューターでも解読が困難な格子理論に基づく暗号で、ブラウザやデータベースなどに組み込み可能な汎用性を持つ。暗号の専門家でなくても安全に使える。米国標準研究所(NIST)が選定する新時代の標準暗号の候補になっている。

新暗号方式「LOTUS」(ロータス)は、暗号文の復号の際にその構造をチェックする機能を持ち、現在の公開鍵暗号と置き換えが可能。併せて、暗号技術の安全性の評価手法も同時に開発し、複数の格子暗号同士を統一的な基準で比較できるようにした。

近年の量子コンピューターの発展に伴い、従来型のコンピューターだけでなく、量子コンピューターでも解読が困難な暗号の標準化が急務になっている。米NISTが主催する新暗号方式を選ぶプロジェクトは、書類選考を経た69件の候補を公開中。今後、3年以上かけて選定する。

情通機構が開発した新方式は、4月に米フロリダ州で開かれるポスト量子暗号に関する標準化会議で発表する。

(2018/1/12 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン