[ 科学技術・大学 ]

青紙に集中力向上効果、白紙の1.6倍に 長岡技科大など解明

(2018/1/16 05:00)

【新潟】長岡技術科学大学技術科学イノベーション専攻の中川匡弘教授、王子ホールディングス、同大発ベンチャーのTOFFEE(新潟県長岡市)の研究グループは、表面にざらつきのある青い紙への筆記は、通常の白い紙より約1・6倍集中力が高まることを見いだした。王子グループの紙メーカーが製品化し、学習ノートや手帳などでの利用を提案する。

20代の被験者75人を対象に、色や表面のざらつき度合いなどが異なる約20種類の紙を使って記憶力と論理力、計算力に関する筆記試験を実施。筆記時の脳波にどのような違いが生じるのかを測定・解析した。その結果、凹凸によって表面にざらつきがある青い紙に書くと、集中力を高める脳波の特徴が最も顕著に表れた。集中力向上の効果は白い紙に比べ、凹凸のある青い紙は1・58倍、凹凸のない青い紙は1・27倍だった。

中川教授は「書く時の感触が手を通じて脳に伝達、刺激しているのではないか」と分析している。王子エフテックス(東京都中央区)が感性価値に訴える紙として製品化。文具メーカーなどに提案していく。

(2018/1/16 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン