[ エレクトロニクス ]

肉眼で見えない“水素の炎”、パナソニックが映像化するカメラ開発

(2018/1/23 05:00)

パナソニックは主に水素ステーションを狙い、水素の炎を映像化するセンサーカメラ(写真)を開発した。水素の炎は肉眼では見えない。普及している火災検知器は水素の燃焼自体は検知できるが、炎の形は把握できない。新開発のカメラは炎の広がりを画像として見える化でき、消防活動などに役立てられる。燃料電池車(FCV)の普及など水素社会の到来を見据え、2020年ごろの製品化を目指す。

水素の炎は、肉眼で見えない紫外線(UV)を発する。そこで、開発したセンサーカメラは相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサーを使い、UV領域の光をとらえる。

一般に使われるシリコン製CMOSセンサーは紫外線領域に対応していないため、別の材料を採用したという。

水素ステーションの普及に向け、設置や運営の費用に加え、水素の漏えいと火災といった安全面の対策が課題に挙がっている。

(2018/1/23 05:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

エンジニアリング・ブランドのすすめ
企業力、商品力を高める技術経営戦略

エンジニアリング・ブランドのすすめ 企業力、商品力を高める技術経営戦略

平成30年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集
<解答と解説>

平成30年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集 <解答と解説>

おもしろサイエンス 
コンタクトレンズと眼鏡の科学

おもしろサイエンス コンタクトレンズと眼鏡の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地質の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地質の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン