[ 科学技術・大学 ]

情報通信研究機構など、小型原子時計システムを開発

(2018/1/24 05:00)

  • 圧電薄膜の共振子を用いた発振器(情通機構提供)

情報通信研究機構と東北大学、東京工業大学は23日、圧電薄膜の機械振動を利用したシンプルな小型原子時計システムを開発したと発表した。基準周波数からその整数倍の周波数を生成する、複雑な「周波数逓倍処理」を不要にすることで、チップ面積を約30%減らし、消費電力を半減した。全地球測位システム(GPS)衛星レベルの高精度の周波数源をスマートフォンなどの汎用通信端末に搭載できるようになる。

微小電気機械システム(MEMS)に関する世界最大の国際学会(MEMS2018)で発表する。

(2018/1/24 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン