[ 科学技術・大学 ]

東電、内部撮影に成功−福島第一原発2号機の燃料デブリ

(2018/1/25 05:00)


▲釣りざお型ロボによる格納容器の内部調査(IRID提供)

東京電力は、福島第一原子力発電所2号機の格納容器の内部調査で、溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の全体像を撮影することに成功した。今後、映像の画像処理が進めば、デブリの分布や堆積状況が判明すると期待される。一部、堆積物の形状から性状推定も始まった。これは東芝と国際廃炉研究開発機構(IRID)が開発した釣りざお型ロボによる成果だ。シンプルな機能を追求し、確実に結果を出した。(小寺貴之)

【現場は安堵】

「大成功と言ったら怒られるかもしれないが、調査は成功。現場もほっと安堵(あんど)している」―。東電原子力・立地本部の木元崇宏本部長代理は胸をなで下ろす。

2号機調査では2017年の前回調査の教訓を最大限生かした。自走式のロボットは諦め、全長16メートルの鋼鉄製釣りざおにカメラや線量計、遠隔操作技術を盛り込んだ。

圧力容器を支える円筒状の構造物(ペデスタル)にさおを伸ばし、地下階にカメラを降...

(残り:699文字/本文:1,099文字)

(2018/1/25 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル
経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル 経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

機能セル設計
“魅力あるモノ”の開発設計を10倍効率化

機能セル設計 “魅力あるモノ”の開発設計を10倍効率化

誰も教えてくれない 
「生産管理システム」の正しい使い方

誰も教えてくれない 「生産管理システム」の正しい使い方

製造業のUX

製造業のUX

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいIoTの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいIoTの本

中小企業が始める!生産現場のIoT

中小企業が始める!生産現場のIoT

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン