[ 科学技術・大学 ]

東電、内部撮影に成功−福島第一原発2号機の燃料デブリ

(2018/1/25 05:00)


▲釣りざお型ロボによる格納容器の内部調査(IRID提供)

東京電力は、福島第一原子力発電所2号機の格納容器の内部調査で、溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の全体像を撮影することに成功した。今後、映像の画像処理が進めば、デブリの分布や堆積状況が判明すると期待される。一部、堆積物の形状から性状推定も始まった。これは東芝と国際廃炉研究開発機構(IRID)が開発した釣りざお型ロボによる成果だ。シンプルな機能を追求し、確実に結果を出した。(小寺貴之)

【現場は安堵】

「大成功と言ったら怒られるかもしれないが、調査は成功。現場もほっと安堵(あんど)している」―。東電原子力・立地本部の木元崇宏本部長代理は胸をなで下ろす。

2号機調査では2017年の前回調査の教訓を最大限生かした。自走式のロボットは諦め、全長16メートルの鋼鉄製釣りざおにカメラや線量計、遠隔操作技術を盛り込んだ。

圧力容器を支える円筒状の構造物(ペデスタル)にさおを伸ばし、地下階にカメラを降...

(残り:699文字/本文:1,099文字)

(2018/1/25 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン