[ 科学技術・大学 ]

500℃で溶けるガラス 石塚硝子と産総研が開発、光学部品用に提案

(2018/2/14 05:00)

石塚硝子と産業技術総合研究所は、約500度Cで溶融できる低融点透明ガラス(写真=石塚硝子提供)を開発した。低温で成形、加工できるため、高温が制約になっていた製造プロセスにガラス材料を利用できるようになる。レンズや発光ダイオード(LED)封止材などの光学部品の製造に提案していく。リン酸と金属化合物を組み合わせてリン酸系ガラスを開発した。ガラスが軟らかくなる転移温度は235度C。一般的なソーダガラスは転移温度は約730度C、融点が約1000度Cだった。

リン酸系のガラスは水分とリン酸が反応してしまう課題があったが、成分を調整して対策した。

50度Cのお湯に浸す加速試験では、ガラスの表面が溶けて荒れることはほぼなかったという。内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)として実施した。

(2018/2/14 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン