[ 科学技術・大学 ]

静岡大、車の燃費10%向上へ ファインバブル発生装置を応用

(2018/3/5 05:00)

【浜松】静岡大学工学部の間瀬暢之教授らは、燃料に気泡を含有させエンジンの燃費を向上させる研究開発を自動車メーカーとスタートした。同研究室で開発した直径がナノ(ナノは10億分の1)サイズの微細気泡(ウルトラファインバブル)を発生させるファインバブル発生装置を応用する。実用化すれば約10%の燃費改善が可能。これに先行し、医薬品などファインケミカルズ有機合成用として、小型ファインバブル発生装置を2019年度中にも製品化する。

軽油など燃料に微小な気泡を溶存させることで、エンジンの燃焼効率が高まることは過去の研究で実証されている。しかし、気泡の直径にバラつきがあると大径バブルが混入し、燃料噴出圧力が低下してしまう。さらにナノサイズの微小気泡を瞬時に含有させるには、高圧をかける方法が主流だったため、コスト高になるのが課題だった。

間瀬教授らが開発したファインバブル発生装置は卓上サイズで、およ...

(残り:271文字/本文:671文字)

(2018/3/5 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

機械設計者の基礎技術力向上 
図解力を鍛えるロジカルシンキング
~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

機械設計者の基礎技術力向上 図解力を鍛えるロジカルシンキング ~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン