[ エレクトロニクス ]

シャープ、高濃度イオンによるカビ胞子の発芽抑制の仕組み確認

(2018/3/9 05:00)

シャープは8日、空気清浄機に搭載している独自のイオン発生技術「プラズマクラスター」がカビを抑制する仕組みを確認したと発表した。青カビや黒カビといった代表的なカビ5種に対し、1立方センチメートル当たり平均200万個の高濃度イオンを3日間照射する試験を実施。特に胞子の発芽抑制に対して効果があり、発芽後の菌糸の成長も抑えることが分かった。

すでにプラズマクラスターがカビ抑制効果を持つと発表済み。今回は県立広島大学の森永力(つとむ)特任教授の協力の下、詳細な仕組みを特定した。

この知見を生かし、カビ対策への需要が高い医療機関や食品工場のほか、無菌環境の植物工場などに訴求し、イオン発生装置の販売拡大を目指す。

(2018/3/9 05:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル
経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル 経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

機能セル設計
“魅力あるモノ”の開発設計を10倍効率化

機能セル設計 “魅力あるモノ”の開発設計を10倍効率化

誰も教えてくれない 
「生産管理システム」の正しい使い方

誰も教えてくれない 「生産管理システム」の正しい使い方

製造業のUX

製造業のUX

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいIoTの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいIoTの本

中小企業が始める!生産現場のIoT

中小企業が始める!生産現場のIoT

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン