[ オピニオン ]

産業春秋/がんばれ!東北

(2018/3/9 05:00)

まったく縁のなかった東北地方を担当するようになったのは2014年の秋のこと。取材先との会話や地元産業界の会合には、必ず「震災からの復興」という言葉があった。東日本大震災が東北地方に残した傷跡の大きさを、ずっしりと実感した。

それから3年半。とりわけ津波による被害が大きかった福島、宮城、岩手の沿岸部は日に日に姿を変えている。新しい街と道路や鉄道の整備が進み、移り住んだときには最新だった車のナビゲーションシステムも近ごろは役に立たないことが多い。

「復興」の2文字を見聞きする機会は、明らかに減った。国の復興予算は年々減少し、これまで地元に好況をもたらした震災特需もピークアウトする。果たして「東北復興」は成ったのか。

地元企業には自立が求められ、追い風のない競争が始まっている。自動車や半導体産業が新たな東北経済の土台になりつつある。大型加速器の建設と立地という夢のある二つのプロジェクトも大詰めを迎えている。一方で人口減や少子高齢化の進展など、地域の内包する課題は多い。

復興の先へ―。次代を切り開く成長の種を育み、大きく、美しい花を咲かせよう。大震災から11日で7年。改めて東北にエールを送る。

(2018/3/9 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン