[ 科学技術・大学 ]

地下地質構造、3次元可視化 産総研が地盤図作製

(2018/3/30 05:00)

  • 3次元で可視化した地下地質構造(産総研提供)

産業技術総合研究所は、千葉県北部地域での地下地質構造を3次元で可視化した地盤図を作製した。地層の詳細な分布や地下水の流れなどを詳しく把握でき、地震防災やインフラ整備、地質汚染対策などに役立てられる。産総研のウェブサイトで30日から無料公開する。3年後をめどに、東京都23区でも完成を目指す。

3次元地質地盤図は、地下数十メートルまでの地質構造を立体図や任意の場所での地質断面図として表示する。従来の2次元の地質図は、地表の地質分布は分かるが、地下の地質構造は把握しにくかった。作製には、産総研の最新の地質研究成果に加え、千葉県が持つ約1万地点の土木・建築工事のボーリング調査データを利用した。これらから地層の境界や分布状況を求め、コンピューター解析により3次元の地下地質モデルを構築した。

地震の揺れの大きさや地盤の液状化には、軟弱層など地下の地質構造が大きく影響する。災害リスクの高確度な評価につなげられる。また、地下水の流れが分かるため、工場などから有害物質が地下に漏れた場合などの汚染調査にも役立つ。

(2018/3/30 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる