[ 機械 ]

ファナック、IoT基盤機能拡充 アプリのユーザー開発可能に

(2018/4/17 05:00)

  • AIを活用したバラ積み部品の取り出しシステム

ファナックは工場用IoT(モノのインターネット)基盤「フィールドシステム」の機能を拡充する。現場の機器に指令を出して動かすためのアプリケーション(応用ソフト)などをユーザーが開発できるようにしたほか、人工知能(AI)を活用して箱にバラ積みされた部材をロボットで効率的に取り出せるアプリの提供を始めた。同基盤は2017年10月に運用を開始。既に約200社から問い合わせがあり、一部受注もはじめた。

フィールドシステムで動かすアプリを開発するための応用プログラムインターフェース(API)では、工場現場(エッジ)に設置した機器に指令を出すアプリを開発できるAPIを追加。例えば検査工程に合格した製品を次の工程に搬送するための指令などが出せるようになる。

また、プリファード・ネットワークス(東京都千代田区)と共同でバラ積みされた部材を効率的に取り出せるアプリも開発。ロ...

(残り:244文字/本文:644文字)

(2018/4/17 05:00)

PR

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン