[ 環境・エネルギー ]

東芝エネシステムズ、大型燃料電池に参入 水素で1000kW級

(2018/5/17 05:00)

東芝エネルギーシステムズは、水素を燃料に1000キロワット級の電気をつくれる大型燃料電池について、2019年度中の製品化を目指す。同社製の最大な製品と比べ10倍以上の規模となる。工場の操業に必要なエネルギーの一部を賄う用途を想定する。水素を直接、利用する純水素燃料電池の大型機の製品化により、本格的な水素社会実現を後押しする。

同社は出力100キロワット以下の純水素燃料電池で100台の納入実績がある。

この100キロワットまでの既存製品と同じ固体高分子型の技術を使い、1000キロワット級を製品化する。化学工場なら生産で生じた副産物の水素を発電に使え、電力会社から購入する電気を減らせる。水素由来電気と電力会社の発電コストが同等となるグリッドパリティーも可能で、光熱費を抑えられるという。

純水素型は水素を直接投入するため稼働が速く電力使用の変動に合わせて発電量を素早く調整できる。太陽光パネ...

(残り:61文字/本文:461文字)

(2018/5/17 05:00)

PR

環境・エネルギーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン