[ 建設・住宅・生活 ]

神山鉄工所、下穴加工不要なウッドデッキ用ネジ開発 バリ出ず一発施工

(2018/5/23 05:00)

  • 天然木による打ち込み比較(右が発売したデッキメタルスクリュー、左が自社従来品)

【東大阪】神山鉄工所(大阪府東大阪市、神山貴至社長、06・6782・2255)は、下穴加工が不要なウッドデッキ用ネジ「デッキメタルスクリュー」を開発した。木材や金属板に下穴加工をせずネジを打ち込んでもバリが発生せず、打ち込み後の手直しが不要。一発施工できるため、加工数が減り、施工現場の大幅な作業性向上につながる。

価格は下穴加工が必要な同社従来品より1割高めに設定した。ウッドデッキ施工業者を中心に提案を始めており、初年度100万本の販売を目指す。

新しいネジは木材や樹脂材と、下地に使うアルミや鋼の金属板を締結するのに用いる。ネジを打ち込む時に不要な木くずなどを必要最低限削る構造にするべく、ネジ先端近くの切削刃(リーマ)の長さを短くし調整した。

さらに、発生した木くずなどがウッドデッキ表面に出ないようネジ頭部の裏面に溝を付けた。ネジ打ち込みと同時に溝へ木くずが流れ集まるよう、ネジ頭部裏面のテーパー部分の角度も改良。これらの工夫で、ネジ頭の一発施工を実現した。

当面はネジ径5ミリ×長さ55ミリメートルの1種類で展開し、CLT材(直交集成材)に対応するタイプなど取引先の要望に応じてラインアップを増やす。

通常の施工では、デッキ材表面に深穴加工や座ぐり加工といった下穴加工を事前に施すが、加工に手間がかかっていた。公園の遊歩道やテラスなどに使われるウッドデッキの施工現場からは、作業効率の高いネジの開発を求められていた。

(2018/5/23 05:00)

建設・エネルギー・生活2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる