[ オピニオン ]

社説/全国安全週間 高齢者と外国人労働者の対策を急げ

(2018/7/2 05:00)

毎年恒例の全国安全週間が1日に始まった。労働災害は長期的には減少傾向にある。ただ、高齢者の従事者の死傷者数は年々増えている。また、外国人労働者も年々増え、今後も増えていくことが予想される。高齢者と外国人労働者の対策が喫緊の課題として、浮上している。

厚生労働省のまとめによると、2017年の労働災害による死亡者の数は978人と、16年を50人上回った。死傷者数は12万460人と、16年に比べて2550人増えた。死傷者数が12万人の大台超えとなったのは、07年以来10年ぶりとなる。

近年の労働災害には、いくつかの特徴が浮かび上がっている。まず、年齢別の死傷者数で60歳以上が24・9%とトップを占めている。2位も50代が23・8%と、高年齢労働者が大きな割合となっている。合わせて、事故の型別では、「転倒」と「動作の反動・無理な動作(腰痛)」が大幅に増えてきている。これらの災害は、加齢による身体機能の低下が大きく影響しているという。

中央労働災害防止協会などは高年齢労働者の安全対策と健康確保のため、100の取り組みを盛り込んだ職場改善ツール「エイジアクション100」をまとめた。中災防のホームページから自由にダウンロードして使えるようにする。

第二に製造業や建設業の死傷者数が減少する一方、第3次産業の割合が着実に増えている。特に第3次産業に従事する外国人労働者の割合は小売業や飲食店などで増えており、それに伴い事故の増加も予想される。

人口減少が始まった日本では、今後の高齢者の就業拡大や育児期間を終えた女性の職場復帰、外国人労働者の雇用拡大などによって労働人口の人手不足を補う必要がある。必ずしも熟練工ばかりを確保できない職場や、第3次産業の最前線で労働災害を防ぐための工夫も欠かせない。

安全・安心を確保するための努力に終わりはない。直接の担当者だけでなく、社員一人ひとりが常に意識していくことが重要だ。

(2018/7/2 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン