[ オピニオン ]

社説/建築分野の生産性向上 施工BIM、技術力底上げを図るべき

(2018/8/10 05:00)

建設産業では、技能労働者不足が懸念され、現場の生産性を向上する技術開発が活発だ。IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、ロボット関連技術に加え、3次元(3D)モデル技術であるビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)の活用も盛ん。先進事例や調査で得られた情報を共有し、技術力の底上げにつなげたい。

BIMはコンピューター上に作成した3Dでビジュアルに表現できる形状情報に加え、柱や壁、建具、部屋などに寸法や材質など属性情報を持たせて活用できる。設計、施工、維持管理で利用される中、最近は施工でBIMを使う「施工BIM」の利用が徐々に広がり、導入事例も増えてきた。

日本建設業連合会がまとめた「施工BIMのスタイル事例集2018」は、前回調査より20事例多い99事例を集め、生産性向上につながる多様な活用方法を提案している。約7割の会員建設企業が推進し、中小規模の工事にも適用が広がっている。

施工BIM導入の効果は「干渉チェック」や「合意形成」が代表的。例えば、干渉チェックは3Dにより鉄骨と配管・ダクト設備などの干渉部分を確認しやすくし、干渉を事前に解決できる。複雑な形状の納まりを確認する作業も、図面を見比べるより容易となる。発注者や設計者との合意形成も3Dで形状を理解できるため、迅速に行える。シミュレーションでは、BIMに時間軸を加えた4次元(4D)で実際の施工イメージがつかみやすくなる。

成功要因は元請け建設会社のリーダーシップが不可欠。現場で何から取り組むかを判断し、目的を明確に取り組みたい。特に導入当初は目的を絞り、部分的導入で効果を得るのがよい。

最近は大手建設会社がBIMを活用した3Dモデルで、鉄骨など部材の工程管理が可能な工事管理システムを開発。今後、BIM活用による現場の改善提案が進む見込み。こうした動きも踏まえ、施工BIMの先進事例から活用ポイントを学び施工力を高めたい。

(2018/8/10 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

“数”の管理から“利益”の管理へ 
S&OPで儲かるSCMを創る!
第2版

“数”の管理から“利益”の管理へ S&OPで儲かるSCMを創る! 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい道路の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい道路の本

トヨタに学びたければトヨタを忘れろ 
稼働率神話が工場をダメにする

トヨタに学びたければトヨタを忘れろ 稼働率神話が工場をダメにする

会社は生き返る
カリスマドクターによる中小企業再生の記録

会社は生き返る カリスマドクターによる中小企業再生の記録

わかる!使える!NC旋盤入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!NC旋盤入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ムダをなくして利益を生み出す 
食品工場の生産管理
第2版

ムダをなくして利益を生み出す 食品工場の生産管理 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン