[ オピニオン ]

産業春秋/「猛暑テレワーク」という選択

(2018/8/23 05:00)

今年の夏は記憶にも記録にも残る暑さだといえよう。岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市の暑さは有名だが、とうとう大都市圏である名古屋市でも、観測以来初めて気温が40度Cを超えた。

東京でも朝から太陽が照りつけ、駅に向かう10分足らずであっという間に汗だく。「なぜこんなに暑いのに会社に行かねばならぬのか」と愚痴の一つも出てしまう。

インフォテリアが実践する「猛暑テレワーク」は、東京・大阪地区で最高気温35度C以上が予想される猛暑日に、自宅勤務などを推奨する。猛暑を避けて快適に働くことを狙いに、2015年に始めた。

18年は東京地区で7日間実施し、前年比2倍以上の延べ130人が利用した。「早朝から暑く、通勤に体力を消耗するが、テレワークなら体力ロスがない」「(自宅だと)楽な服装でもいい」と社員からは好評だとか。

同社は無料通話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」を使って猛暑日の予報通知サービスを提供し、日本全体での猛暑テレワークを後押しする。今日は処暑。暑さも峠を越える節目だ。さて今年は残暑厳しいのか、あっさり秋めいてくるのか。いずれにしても今年の暑さで、働き方改革の効用を再確認できたといえる。

(2018/8/23 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい組込みシステムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい組込みシステムの本

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

Asprova解体新書
生産スケジューラ使いこなし再入門

Asprova解体新書 生産スケジューラ使いこなし再入門

一から学ぶ工業潤滑剤

一から学ぶ工業潤滑剤

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる