[ ICT ]

【電子版】レジなし小売店、日本初登場へ 米スタンダード・コグニションが上陸 スマホアプリで自動精算

(2018/10/8 13:00)

  • 9月7日にサンフランシスコ市内にオープンした直営1号店「Standard Market」。店舗面積は185.8cm2。天井に設置した27台のカメラで、買い物客が商品を棚に戻したのか、ポケットやバッグに入れたのかを検知。店舗を出れば自動精算が行われる(同社提供)

【シリコンバレー=時事】レジに並ばずに自動精算で買い物ができる小売店が、近く日本に登場する。米新興企業スタンダード・コグニションは、日本企業と組んで来年初めに試験店舗をオープンする方針だ。マイケル・サスワル最高執行責任者(COO)は「2020年の東京五輪までに3000店に導入したい」と意気込んでいる。

 レジのない自動精算店では、客が商品を棚から取ったり戻したりするのをカメラなどで認識。スマートフォンのアプリを通じ、店外に持ち出された商品だけに課金する。精算待ちの時間を節約でき、店側の省力化にもつながる。

 米国では、インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムが今年1月、この仕組みを備えたコンビニ「アマゾン・ゴー」を開店。シアトルとシカゴで計4店舗を展開するが、日本進出の計画は明らかにしていない。

  • 米スタンダード・コグニションのマイケル・サスワルCEO(3日、サンフランシスコ=時事)

 スタンダード・コグニションが9月にサンフランシスコに開設した試験店舗は、コンビニ程度の広さの店内を27台の天井カメラでくまなく監視する。天井や棚に無数のカメラやセンサーを設置するアマゾン・ゴーと比べると軽装備だ。営業時間や入店者を制限して技術を検証したところ、正確さは有人レジとほぼ同じ。個人を特定しない形で購買行動を分析することもできる。

 サスワルCOOは、人手不足が深刻化する日本は「最も重要な市場」と指摘。既に小売業の店舗運営を支援するパルタックなど日本企業2社と提携しており、チェーン店を中心に導入を進める考えだ。

Standard Market - powered by Standard Cognition

Autonomous Checkout, Real Time System v0.21(Standard Cognition)

(2018/10/8 13:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン