[ オピニオン ]

産業春秋/新聞で国語教育

(2018/10/12 05:00)

製缶や研磨などの現場の職人を紹介する「モノづくり支える町工場の技」「卓越―現代の名工」といった本紙連載の数々。こうした記事が学校教育の場で活用されている。

埼玉県立大宮工業高校の国語教諭、西哲未(さとみ)さんは、これらを題材に問題集を手作りしている。記事全文を音読させ、一部伏せ字にした見出しを完成させるように促す。いとへんの漢字を記入せよという設問も。□青(ろくしょう)、深□り(ふかしぼり)、軸□ぎ手(じくつぎて)。正解は緑、絞、継。

「人工知能(AI)と人間の違いを記事から読み取ってまとめよ」「人の手による溶接がロボットに勝る点は」の問題は圧巻。生産性向上や働き方改革など、産業界のテーマを若者がどう思うか想像すると、こちらもほほが緩む。

教育現場では語彙(ごい)力や表現力の不足がいわれる。新聞記事を正しく読めれば、漢字の空欄も埋められ、生徒の自信につながる。「国語の問題ながら、ものの見方や考え方を生きる力として養える」(西さん)のがNIE(教育に新聞を)運動の魅力なのか。

15日から新聞週間。“現場で即使える”が強みの本紙を「知っている用語が出てくるからおもしろい」と思える若者が一人でも増えたらありがたい。

(2018/10/12 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン