[ ロボット ]

【電子版】フィアット、産ロボ部門の売却検討 2500億円超規模

(2018/11/27 07:30)

  • アルファロメオ・ジュリア生産ラインで稼働するコマウの自動製造システムロボット(16年11月、イタリア・カッシーノ=ブルームバーグ)

 フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は産業用ロボット部門のコマウについて、15億-20億ユーロ(約1930億-2580億円)での売却の可能性を含む幾つかの選択肢を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 同関係者によると、コマウについての戦略的見直しは初期段階で、最終決定は下されていない。検討が非公開であることを理由に匿名を条件に語った。売却する場合のプロセスは来年早い時期に始まり得るという。産業用ロボットのほか自動製造システムを手掛けるコマウに対しては、中国勢が買い手候補として名乗りを上げる可能性があると別の関係者は話している。

 コマウ売却となれば、マイク・マンリー新最高経営責任者(CEO)の下では2回目の主要な事業再編となる。マンリー氏は7月、前任のセルジオ・マルキオンネ氏が亡くなる数日前にCEOに就任。その後、自動車部品部門マニエッティ・マレリをプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社KKR傘下のカルソニックカンセイに62億ユーロで売却することで合意した。

 フィアットの広報担当者はコメントを控えた。(ブルームバーグ)

(2018/11/27 07:30)

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる