[ オピニオン ]

産業春秋/タッチダウンへの道

(2019/1/11 05:00)

年始めにアメリカンフットボールの日本選手権「ライスボウル」が開かれ、社会人王者である富士通が学生王者の関西学院大学を下し、3年連続4度目の優勝を果たした。

アメフトは攻撃側が敵陣地にボールを運ぶことで、得点を競うゲームだ。ボールを持った選手が敵のエンドゾーンに入り6点が得られる「タッチダウン」は、ゲームの大きな見せ場となる。

話題は変わり、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」へのタッチダウン(着陸)が目前に迫る。小惑星の試料を採取し分析することで、太陽系の成り立ちを調べることが目的だ。

初代の小惑星探査機「はやぶさ」に比べ、運用面で大きなトラブルはないように見える。だが「危うい場面は何度かあった」(津田雄一JAXAはやぶさ2プロジェクトマネージャ)。頭脳と体力を振り絞りチーム一丸となって慎重に準備を進める。

アメフトでは、ボールを運ぶ選手が走る道を確保するため、敵のタックルなどを味方が体を張って止める。宇宙というフィールドで、はやぶさ2は今後も多くの困難に直面するだろう。チーム力を結集し、2月中旬以降に行われるタッチダウンへの道を確保してほしい。

(2019/1/11 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

2019年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2019年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいVRの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいVRの本

夢こそ力
挑戦する不屈の金型屋

夢こそ力 挑戦する不屈の金型屋

全固体電池入門

全固体電池入門

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン