[ 科学技術・大学 ]

【電子版】ベーリング海上空で隕石爆発、NASA衛星が昨年捕捉 広島投下原爆の10倍超

(2019/3/26 13:00)

  • 地球観測衛星「テラ」が昨年12月18日午後11時55分(世界時)に撮影した画像。ベーリング海上空の白い雲を背景に、爆発した大きな隕石(いんせき)が残した黒っぽい筋が見える(NASA提供)

  • 気象衛星「ひまわり8号」が昨年12月18日午後11時50分(世界時)に撮影した画像。ベーリング海上空の白い雲を背景に大きな隕石(いんせき)が爆発して生じたとみられる黄色っぽい部分(矢印)が見える(気象庁、NOAA/NESDIS、CSU/CIRA提供)

 昨年12月にベーリング海上空で大きな隕石(いんせき)が爆発した痕跡を地球観測衛星「テラ」が観測していたと、米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所が26日までに発表した。爆発のエネルギーは広島に投下された原子爆弾の10倍超と推定されるという。

 地球を高度約700キロメートルで周回するテラが昨年12月18日午後11時55分(世界時)に観測した画像では、白い雲を背景に、隕石が残した黒っぽい筋が見える。その5分前に日本の気象衛星「ひまわり8号」が高度約3万5800キロメートルの静止軌道から観測した画像には、黄色っぽい部分があった。

 2013年2月にはロシア・チェリャビンスク州上空で直径約20メートルと推定される隕石が爆発。多数の住民が衝撃波で割れた窓ガラスでけがをしたり、強烈な光で目の痛みを訴えたりしたことがあった。(時事)

(2019/3/26 13:00)

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる