[ オピニオン ]

産業春秋/令和時代の幕開けに

(2019/4/2 05:00)

「創業35周年記念 42年2月」―。そう書かれたお盆に「戦前の記念品ですか」と驚かれた。実は1967年(昭42)のもの。

元号の法的根拠は77年施行の元号法。ただ、それまでも2ケタ年号は昭和が常識だった。新聞やテレビの報道も西暦は一般的でなかったから、大阪万博の「♪1970年のこんにちは〜」の歌詞に清新さがあった。

日刊工業新聞が発行日を西暦にしたのは昭和最後の89年1月だった。国際関係が緊密になり、産業界でも西暦が常態化。「M・T・S」という元号の略が台頭した。ダメ押しは「ウィンドウズ95」だろう。電子計算では元号は使いにくい。

日常からは少し距離を置いたにもかかわらず、元号は文化的シンボルとして受け入れられた。ひとつの世代を元号でくくって回顧するのは意味がある。西暦だってミレニアムは盛り上がった。日本独自の文化を世界に誇りたい。

5月に始まる「令和」時代。昭和の西暦換算は25年差だった。平成は2000年を挟んで面倒だったが、次代は18年差で計算しやすいので日常にも使いやすい。「命令・長官」の意を持つ「令」の字が冷たく感じられないよう、人々が和し、日本の令名が世界に高まる良き御代になりますように。

(2019/4/2 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる