[ オピニオン ]

産業春秋/ミクロの施術

(2019/4/9 05:00)

病人の体内に入り込み、患部に直接、切り込む。SF映画の名作『ミクロの決死圏』のような治療は、医者にとってあこがれであるらしい。

実際に医者が“手”を送り込む治療が台頭中だ。血管の中をクネクネと患部まで進むカテーテルや、小さな切開部から極小アームを入れて切除や縫合をするロボット支援手術が応用範囲を広げている。

カテーテルは心臓はじめ循環器の手術では一般的。血管が入り組んだ脳でも治療が急成長しているそうだ。脳の動脈瘤(りゅう)を早期発見して充填すればくも膜下出血を予防できる。脳梗塞で倒れた時でも血栓を素早く除去すれば後遺症が小さい。

血管の詰まりを手許(てもと)のポンプで吸い取ったり、網状の金具で絡め取って体外に排出する手術も実用化されたとか。欧米に劣後していた日本だが、医療機器大手のテルモが今春から同分野に参入。先端を柔らかにした特色あるカテーテルで追撃の構え。

施術経験の豊富な兵庫医科大学教授の吉村紳一さんは「使いやすい器具と、1分でも早い手術が大事」と強調。周辺の病院からヘリコプターなどで積極的に患者を受け入れ、救命実績は年を追うごとに高まっているという。SFとは違う形の“ミクロの施術”にエールを送りたい。

(2019/4/9 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい組込みシステムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい組込みシステムの本

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

Asprova解体新書
生産スケジューラ使いこなし再入門

Asprova解体新書 生産スケジューラ使いこなし再入門

一から学ぶ工業潤滑剤

一から学ぶ工業潤滑剤

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2019/07/16

    本日16日は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる