[ オピニオン ]

産業春秋/東北の“新しい環”

(2019/4/16 05:00)

一つの“環(わ)”が東北に誕生した。宮城、福島、山形の南東北3県の県庁所在地域が高速道路でつながった。福島県相馬市を起点に秋田県横手市までを結ぶ「東北中央自動車道」の整備が、山形県内で進むためだ。

2017年11月には「大笹生(おおざそう)インターチェンジ(IC)」(福島市)と山形県米沢市の「米沢北IC」間が無料区間として開通。今月13日には「南陽高畠IC」(山形県高畠町)と「山形上山IC」(同上山市)間が開通した。

これで東北中央道は東北自動車道、山形自動車道と接続し、山形・福島・仙台エリアに高規格幹線道路の環が完成した。相互補完のダブルネットワークが形成され、地域内の高速交通網の機能は高まる。

17年に開通した大笹生IC―米沢八幡原IC間の交通量は1日当たり約8900台(年平均値)。福島と山形県境の交通量は開通以前より約3割増えているという。「道の駅米沢」の来場者数は開業から約9カ月半で150万人を突破した。

観光とともに期待される今後の産業振興。IC直結の工業団地の造成も山形・福島両県で進む。東北中央道の全国への浸透は、これからが本番だ。この春は、ぜひ“新しい環”を体感してみてはいかがでしょうか。

(2019/4/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる