[ ICT ]

【電子版】中国ファーウェイ、昨年の研究開発費1.7兆円

(2019/4/30 05:00)

  • ファーウェイのスマートフォン生産拠点(19年3月、中国・東莞市=ブルームバーグ)

 中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)は第5世代通信(5G)技術で主導権を握ろうとしている。その目的達成のため、同社は研究開発に多額の資金を投じている。華為の増額ペースについていくことができる企業はほとんどない。

 華為は昨年、研究開発に153億ドル(約1兆7100億円)を投じた。2014年比で2倍超に上り、世界上位10社の中でこの伸びを上回るのは米アマゾン・ドット・コムだけだ。

 5G技術での優位性を高めることを狙った華為の研究開発費の急増で、米政府は警戒を強める公算が大きい。トランプ政権は華為がスパイ活動で中国政府を支援していると批判。5Gから同社を排除するよう世界で呼び掛けている。華為側はスパイ行為への関与を繰り返し否定している。

  • 2018年の研究開発費(金額ベース)。首位のアマゾンは288億ドル(約3.2兆円)。アルファベット、サムスンに次ぐファーウェイ(約1.7兆円)の躍進が目立つ(出展:ブルームバーグ)

  • 研究開発費の伸び率(2014年比)。ファーウェイの昨年の研究開発費は2014年比149%増。アップルやマイクロソフト、サムスンを上回る(出展:ブルームバーグ)

  • 売上高に占める研究開発費の割合(2018年)。上位6社でファーウェイは14%。アルファベットに次いで2位(出展:ブルームバーグ)

 華為はモバイルやクラウドサービス、半導体にまで積極的に進出している。ブルームバーグの集計データによると、金額ベースでは同社の18年の研究開発費がアマゾンとアルファベット、サムスン電子に次ぐ4位だった。

 華為の昨年の研究開発予算は14年比で149%増と、アップルやマイクロソフト、サムスンを上回る。同社を上回るペースで研究開発費を拡大したのは同じ期間に210%増やしたアマゾンだけだ。

 テレコム担当コンサルタントで、業界ウェブサイト「飛象網」の会長を務める項立剛氏は「華為のこれまでのビジネス上の成果は多額の研究開発予算によるところが大きい」と指摘。「研究開発費は同社の競争力を大きく向上させてきた」と話した。

 華為の18年の研究開発費は売上高の14%を占めており、上位6社で見るとアルファベットに次いで2位だった。(ブルームバーグ)

(2019/4/30 05:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる