[ オピニオン ]

社説/グリーンローン活用 ESG経営に環境金融活用を

(2019/5/9 05:00)

資金使途を環境に配慮した事業に限定した融資「グリーンローン」を活用する企業が増えている。会社の成長と環境を意識した経営の両立に向け、新しい資金調達手段として認知され始めた。社会持続性に配慮するESG(環境・社会・ガバナンス)への対応が重要な経営課題となる中、環境関連ファイナンスを前向きに活用したい。

環境面を重視する金融商品では債券「グリーンボンド」が知られている。その一方で、融資に関しては国際的なガイドラインが従来なく、2018年3月にローンマーケット協会とアジア太平洋地域ローンマーケット協会がグリーンローン原則を共同策定し、融資ルールが定まった。

急速に市場が発達しているグリーンボンドは、起債にあたって一定のボリュームの金額が必要など、企業によっては取り組みが難しい。一方、グリーンローンは債券発行に比べて設定しやすいのが特徴だ。シンジケートローン、プロジェクトファイナンスなど融資手法も拡充されており、企業や自治体で活用の検討が進んでいる。

名古屋鉄道は、中部地区で初めて、グリーンローンを活用して50億円を調達した。三菱UFJ銀行など計6行とのシンジケートローンで、調達資金は名古屋駅に計画するオフィスビルの建設事業費に一部を充てる。金利優遇はないとしており、名鉄では環境にやさしい企業としてイメージ向上を期待する。財務評価だけでなく、ESGへの取り組みにも関心が高い投資家の注目を集めたいところだ。

社会の持続可能な発展に貢献する取り組みは、大企業だけでなく中堅・中小企業、大学、自治体へと広がっている。事業範囲は環境、エネルギー、社会インフラ、食料など多岐な分野にわたり、なおかつグローバルな課題も増えている。

これらの取り組みは事業規模が拡大傾向にあり、従来中心だった公的財源で、すべてを賄うことが難しくなっている。ビジネスによる課題解決を促す仕組みの一つとして、民間資金の適切な導入を考えたい。

(2019/5/9 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる