[ オピニオン ]

産業春秋/サラリーマンの起源

(2019/6/25 05:00)

給料日が待ち遠しいのは、新入社員もベテラン社員も何ら変わらない。むしろ、歳をとるほど、待ち遠しい度合いが増しているのかも。「昔は封筒に現金が入っていて、ありがたみがあった」といった話を先輩に聞いて、驚いた記憶がある。ふと、「この給料(サラリー)の語源は何なのか」という疑問が湧いた。

その起源はローマにあるという。ローマは、発展を支えた重装歩兵に、給与の一部として塩の固まり(サラリウム)を現物で支給した。その後、塩を買うためのお金を与えるようになり、「サラリウム・アルゲントゥム」(「塩のための銀貨」の意味)と呼ばれ、「サラリー」と省略されるようになった。

サラリーは、後にさまざまな生活物資を購入するための「給与」を意味する言葉になっていく。それが日本語化して、「サラリーマン」という言葉につながっていった。

実は、「マネー」の語源もローマだ。マネーの語源は、女神ジュノーの別名「モネタ」にある。ローマ帝国が、モネタすなわち「マネー」の神殿にコイン造りを独占させたということに由来する。

「全ての道はローマに通ず」―。普段あまりローマを意識することはないが、遠いローマとのつながりを実感した瞬間だ。

(2019/6/25 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる