[ オピニオン ]

産業春秋/監査のコツ

(2019/9/5 05:00)

今も昔も、監査役は地味な職務。それでも「企業の健全な発展に重要だという意識は、着実に高まっていると感じる」と話すのは、日本監査役協会(東京都千代田区)会長で前三井物産常勤監査役の岡田譲治さん。

「内部通報制度の利用なども増えていて、不祥事の未然防止に役立っている」という。ただ幅広い事業を展開する巨大企業の場合、数人程度の監査役では目が行き届かないのも事実。

岡田さんは「そういうケースは“本業”ではなく、弱い事業を重点的に見る」。強い分野なら、それなりに人も育つし士気も高い。「問題が出やすいのは弱い分野だ」。

日立製作所の監査にあたる取締役監査委員の中村豊明さんは「意外かも知れないが、従業員のアンケートが役に立つ」という。不満が高い事業部門ほど、何らかの課題を抱えていることが多いというのが理由。最高財務責任者(CFO)を経験したが「監査役になってからの方が見えてくる部分もある」のだとか。

企業の不正と結びつけられがちな職務だが、必ずしもそうとは限らない。中村さんは「投資家に約束した利益率を守れない事業の改善を求めるのも監査」と強調する。なるほど、さまざまな視点があるものだと考えさせられる。

(2019/9/5 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン